スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<終盤国会>重要法案、成立困難に 「郵政」廃案、「派遣」は継続か(毎日新聞)

 民主党代表選が4日に行われるのに伴い、終盤国会は2日以降、一時「休戦」になる。同党は16日までの国会会期を延長しない方針を変えていないため、郵政改革法案や労働者派遣法改正案など残る重要法案の成立は極めて困難だ。強行採決に再三振り回されてきた野党は「与党の都合だけの国会運営。この政権は何を目指していたのか」(川崎二郎自民党国対委員長)と批判している。

 民主党の小沢一郎前幹事長が全国郵便局長会に会期内成立を約束した郵政法案は、与党が5月31日に採決を強行し衆院を通過したが、参院で審議入りのめどが立っていない。労派法改正案を審議する6月2日の衆院厚生労働委員会は、鳩山由紀夫首相の辞任を受けて流会になった。

 民主党の平田健二前参院国対委員長は2日の記者会見で「時間的に限られている。重要法案は20日以上かけて審議するのが慣例」と述べ、両法案の会期内成立に否定的な見通しを示した。郵政法案は慣例で廃案、労派法改正案は衆院で継続審議になる可能性が高い。

 会期中に首相が辞任した場合、首相指名選挙を経て選ばれた新首相は衆参両院で所信表明演説し、各党が代表質問を行うのが慣例。会期延長しなければ審議日程は極めて窮屈になる。野党は新政権でも与党が強行採決に踏み切る事態を警戒し、16日までのスケジュールを明示するよう求める方針だ。

 このほか、国家公務員の幹部人事を内閣が一元管理する国家公務員法改正案や、国家戦略室を局に格上げする政治主導確立法案、2020年までに温室効果ガスを90年比25%削減する中期目標を明記した地球温暖化対策基本法案の成立も微妙になっている。

 議員立法では、インターネットを利用した選挙運動を夏の参院選から解禁する公職選挙法改正案が、与野党協議が整ったにもかかわらず、衆院政治倫理・公職選挙法改正特別委員会で審議入りできていない。【大場伸也、木下訓明】

【関連ニュース】
民主代表選:重要法案成立困難に、「郵政」は廃案か
社説:郵政改革法案 成立を急ぐ必要はない
郵政法案:会期内成立へ 3党一致
郵政改革法案:「良識を回復」…衆院通過で亀井氏
郵政改革法案:衆院本会議で可決 参院に送付へ

シカ射殺、懲役10月求刑=飲食店の男ら、起訴内容認める―奈良地裁(時事通信)
3年物で年1.4%も出現 「高金利定期」に人気
脱小沢路線を警戒 自民「敵失頼み」見直し(産経新聞)
「奇兵隊内閣」と命名=首相(時事通信)
<暴力的性犯罪>出所者43人が再犯 200人の所在未確認(毎日新聞)
スポンサーサイト

「全面的な解決に命がけで取り組む」 首相、共同声明で(産経新聞)

【首相会見速報】(2)

 鳩山由紀夫首相は28日夜の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題で日米両政府が共同声明を発表したことに関し、「厳しい決断だった。全面的な解決に向け、命がけで取り組んでいかなければならない」と述べた。移設先の選定をめぐる混乱については「政府部内での議論が沖縄、(鹿児島県の)徳之島に多大な不安や心配をあおる結果になったことをおわびする」と謝罪した。

【関連記事】
政府、対北追加制裁を決定 貨物検査特措法も成立
前原沖縄担当相「心から沖縄の方々にお詫び」
米政府は共同声明をひとまず「歓迎」、鳩山政権には見切り
「こんな総理、かなわんわ…」 鳩山発言に石原都知事激怒 全国知事会議
普天間移設先は「辺野古崎」周辺 1800メートル滑走路 日米が共同声明
オバマ大統領 「普天間問題で謝意」 日米電話会談で 

普天間問題で社民党、瀬戸際外交…一転内紛(産経新聞)
現代のエコアイテム? 「京うちわ」づくり最盛期(産経新聞)
内閣不信任案 社民が同調へ(産経新聞)
秋葉原17人殺傷 第9回(1)「警察官らに突き上げるように次々と“パンチ”」…目撃男性が証言(産経新聞)
自ら磨いて感謝とコスト意識=日航社員、車いす清掃―羽田空港(時事通信)

事業仕分け後半戦スタート 塩供給業務は見直し(産経新聞)

 政府の行政刷新会議(議長・鳩山由紀夫首相)は20日午前、都内で公益法人などを対象にした「事業仕分け第2弾後半」を始め、塩事業センター(財務省所管)の生活用塩供給業務について見直しを求めた。後半戦は無駄削減計70法人の82事業を対象に25日までの4日間行われる。

 仕分け人らは、同センターが業務遂行のために所有する約600億円の正味財産について「過大だ」と問題視。「自由化すれば(塩の)価格は下がるはずなのに下がっていない。競争原理が働いていないのではないか」(津川祥吾衆院議員)などと追及し、一部を国庫に返納するよう求めた。また、省エネルギーセンター(経産省)など2法人が行っている表彰事業については「国費を投じる必要がない」として、「廃止」の判定を下した。

 同日は全日本交通安全協会(警察庁)の運転免許の更新時講習や民間放送教育協会(文科省)の生涯コンテンツ普及事業、空港環境整備協会(国交省)の駐車場による空港周辺環境対策など15法人の16事業を取り上げる。

 公益法人は営利を目的とせずに公益事業を行う法人で、計2万5000の法人のうち約6600が国の所管。税制優遇などのメリットがあるが、一部は天下りの温床となっているとの指摘もある。刷新会議では、国が事業を委託したり権限を付与し、政府の関与が強い公益法人のうち、無駄や天下りなど問題が多い法人を対象に選んだ。

【関連記事】
省エネ大賞を廃止 仕分け人「役割を終えた」
一朝一夕で築けぬ防衛力 着実に育成 参議院議員・佐藤正久
不透明配分、独占販売…仕分け、宝くじ協会などメス 
仕分けは経営介入か? 尾立氏「社内対立に入っちゃった」と困惑
事業仕分け第2弾後半戦 対象事業を正式決定
中国が優等生路線に?

普天間受け入れ「関西の優先順位高い」=橋下大阪知事(時事通信)
高度医療の新規2技術を承認―先進医療専門家会議(医療介護CBニュース)
「大敗しかねない」民主に不安…北教組初公判(読売新聞)
各駅停車が駅通過=車掌が「回送」勘違い―東京メトロ(時事通信)
共済会貸付金450万、だまし取った疑い(産経新聞)

トーク飛ばし音楽録音 新型レコーダーで物議(産経新聞)

 4月に発売された三洋電機のラジオ付きICレコーダーのとある機能が、物議を醸している。FMラジオのトーク部分を飛ばし、音楽だけを録音することができるという機能で、「ラジオ文化の破壊」など、パーソナリティーだけでなくリスナーも巻き込んだ議論に発展している。

 このレコーダーは、「ザクティ サウンドレコーダーICR-XRS120MF」。スタイリッシュな外観に加え、AM、FMともに聴取できるなど機能面も充実している。

 このレコーダーには「楽曲セレクト」機能があり、音声の鮮明なFMに限り、人の声と音楽の違いを判別し、音楽だけを録音することができる。しかし、一部の新聞でこの機能が紹介されると、“問題視”する声が上がった。

 「僕ら話すプロにとっては、バカにすんじゃねえぞ!」と憤るのは、フジテレビの朝の情報番組「とくダネ!」の小倉智昭キャスター。FM NACK5「Fresh Up9」パーソナリティーの仁井聡子さんも「今日、この新聞記事を読んでね、ディレクターと私はね、本当にちょっと泣きました…」と番組内で感想を述べた。

 ネットでも「ラジオの良さが半減どころか激減ですね」「逆にトークだけを録音する機能をつけろ」などラジオファンからの批判が集中した。日大芸術学部放送学科の橋本孝良教授も「この機能はラジオの命を殺すものだ」と憤慨する。

 一方で、FMラジオ局の反応は、「とても寂しく思う」(NACK5)との意見もあるが、「いい悪いと論じるつもりはない」(J-WAVE)、「特に苦情を言うでもなく様子見」(TOKYO FM)と冷静だ。リスナーがラジオに接触する機会を増やしたい局側は、高性能のラジオ付きレコーダーの登場を歓迎する向きもあるようだ。

 「音楽だけを聴きたいというリスナーのニーズはある」というラジオ局もある。短波放送のラジオNIKKEIは、ほとんどトークを入れずに音楽を流す番組を5月初旬に放送した。

 同局はこれまでも、株式市場が開いていない時間帯にクラシック音楽などを流していたが、「ここ1~2年で曲目などの問い合わせが増えた」という。薬師神美穂子編成センター長は「音楽は、聞いている人の思い入れが反映される。このシンプルな番組が好評ならレギュラー化も考えたい」と話している。(佐久間修志)

【関連記事】
三洋電機、最終赤字487億円 今期は3年ぶり黒字転換へ 
植村花菜、「トイレの神様」10万枚突破
ヤマダ“駅前侵攻”を加速 池袋の次はヨドバシの新宿
パナソニック 無線LAN接続のポータブルテレビ発売
パナ新中期計画 24年度売上高10兆円
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

上限なし…規制の網を NTT労組側、民主議員に「脱法献金」(産経新聞)
高卒限定の介護雇用事業―北海道釧路市(医療介護CBニュース)
<架空発注詐欺>容疑で全日空子会社元社員を逮捕(毎日新聞)
大阪・中国道7台衝突、死亡は長崎の48歳運転手(産経新聞)
和解協議に応じるかは「決定していない」-B型肝炎訴訟で厚労相(医療介護CBニュース)

春の褒章、都はるみさんら677人と20団体(読売新聞)

 政府は28日付で、2010年春の褒章受章者677人(うち女性153人)と20団体を発表した。

 29日に発令される。

 学術や研究、芸術、スポーツなどの分野で活躍した人に贈られる紫綬褒章には、演歌歌手の都はるみ(本名・北村春美)さん(62)や、映画「ALWAYS 三丁目の夕日」の原作漫画を描いた西岸(さいがん)良平さん(62)、歌舞伎俳優の中村時蔵(本名・小川光晴)さん(55)ら24人が選ばれた。

 そのほか、人命救助に尽力した人への紅綬褒章に2人と2団体、社会奉仕活動に尽くした人への緑綬褒章に12人と18団体が選出された。それぞれの職業で一筋に励んだ功績をたたえる黄綬褒章は209人、教育や福祉など公益に尽くした人への藍綬褒章は430人。

 【紫綬褒章受章者】(敬称略。かっこ内は芸名など。年齢は発令日の29日現在)

 東北大教授 中沢正隆(57)▽木工芸作家 須田賢司(55)▽元東大教授 阿部啓子(63)▽トプコン社長補佐技術開発グループ統括 大友文夫(62)▽鉄道総合技術研究所研究開発推進室主査グループリーダー 芦谷公稔(50)▽東大教授 末廣昭(58)▽同 杉山雄一(62)▽同 辻井潤一(61)▽早大理工学術院教授 逢坂哲彌(64)▽金工作家 大角幸枝(64)▽政策研究大学院大学・国際開発高等教育機構修士課程国際開発プログラムディレクター 大塚啓二郎(61)▽歌舞伎俳優 小川光晴(中村時蔵)(55)▽東大教授 門脇孝(57)▽歌手 北村春美(都はるみ)(62)▽漫画家 西岸良平(62)▽一橋大名誉教授 斎藤修(64)▽東大教授 土井正男(62)▽映画監督 根岸吉太郎(59)▽文芸評論家 三浦雅士(63)▽日本電信電話コミュニケーション科学基礎研究所守谷特別研究室長 守谷健弘(54)▽東京工業大教授 岩本正和(61)▽京大教授 林民生(62)▽同 森和俊(51)▽京大名誉教授 今中忠行(65)

強制わいせつ「市民の処罰感覚で」懲役8年判決(読売新聞)
<普天間移設>最終提案、首相「まだその段階に至ってない」(毎日新聞)
追跡中のパトカーが衝突事故=タクシーの2人軽傷-埼玉(時事通信)
<中田英寿>W杯期間カフェを青山に開店 “旅”で見つけた食材、グッズを販売 27日から(毎日新聞)
メード服姿の“萌える”学生店長 夢は会社設立(産経新聞)
プロフィール

ミスターしょうごあめみや

Author:ミスターしょうごあめみや
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。