スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【集う】「ロシア初-現代日本絵画-日本の美展」記者会見(産経新聞)

 □2月8日、東京都千代田区の帝国ホテル

 ■ロシアから発信、12人の90作品

 近ごろモスクワにはやるもの、すし、ユニクロ、村上春樹…。かつてなく日本への関心が高まっているとされるロシアで、現代日本絵画を紹介する企画が進んでいる。今年6月から10月にかけて、モスクワとサンクトペテルブルクで行われる巡回展示に先立ち、都内で記者会見が行われた。

 出展されるのは、画家12人の約90作品。企画した画廊「ギャラリー白石」の白石幸生代表は「日本の現代作家がこれだけの規模でロシアで発表するのは初めて」と強調した。

 「日本と国境を接しているヨーロッパの国はロシアしかない。ロシアでの展覧会はヨーロッパにそのまま伝わる。ニューヨークやロンドンの美術オークションにも、ロシアのコレクターはたいへんな勢いで参加している。日本の美術をまずロシアのマーケットに広げたい」

 出展画家の一人で、一昨年、ロシアで初の海外展示を行った宮廻(みやさこ)正明さんは「見る人の愛情が伝わってきた。今まで日本でしか発表してこなかったのが、文化で世界に出ていけるのではないかということを気づかされた。ロシアに自分の絵が通じれば、それが染み込むようにヨーロッパ、アメリカに伝わっていくのではないか」と語った。

 同じく出展画家の大藪雅孝さんは、日本画、洋画、現代美術と分ける日本の美術界に疑問を呈した。「今回はいろんなジャンルの作家が集まっているが、画材や技法がどうであろうと、日本人が描く絵は当然日本画であって、かつコンテンポラリーだ」と、国内のジャンル区分を批判。「ロシアを発信地として、世界に日本のアイデンティティーや文化を伝えられれば」と意欲をみせた。(磨井慎吾)

21議員側に5500万円寄付 鳩山首相側、不自然さ残る「バラマキ」(産経新聞)
裁判員裁判 長女殺害の元団体役員に懲役7年(産経新聞)
強制わいせつ致傷、名古屋市立小教諭を逮捕(読売新聞)
足利事件判決の傍聴券、競争率は31倍(読売新聞)
<新聞協会>78紙が同じ広告を一斉掲載(毎日新聞)
スポンサーサイト

韓国、慰安婦明記減り右傾化懸念=日本、平和憲法記載を要求-歴史共同研究(時事通信)

 日本と韓国の有識者による日韓歴史共同研究委員会は23日、歴史教科書をめぐる摩擦などについて考察した第2期研究の報告書を公表した。この中で韓国側は、日本の教科書で第2次大戦時の従軍慰安婦に関する記述が減ったことや、「新しい歴史教科書をつくる会」が編さんを主導した教科書の検定合格を挙げ、日本の「右傾化」に強い懸念を表明。一方、日本側は、韓国の教科書が記載していない平和憲法を取り上げるよう主張。教科書をめぐる日韓の溝が浮き彫りになった。
 日韓歴史共同研究は、2001年に就任した小泉純一郎首相(当時)の靖国神社参拝や「つくる会」の教科書の検定初合格を受け、小泉氏と金大中大統領(同)が同年10月に合意してスタート。第2期研究委(共同委員長=鳥海靖東大名誉教授、趙※〔※=おうへんに光〕、高麗大教授)は07年6月に始まり、古代から現代までの通史研究に加え、教科書問題の専門部会を設け、約2500ページの報告書にまとめた。 

【関連ニュース】
「政界再編でなく自民再編」=民主・山岡氏
イラク戦争への関与検証=小泉政権の対応問題視
密約承知せず=麻生、安倍元首相
吉村参院議員が国民新入り=地元・福岡で表明
毎日新聞社長らを書類送付=元秘書官めぐる名誉棄損

煙たがられなくなる?無煙たばこ5月発売へ(読売新聞)
<合掌家屋>屋根ふき替え 助け合い今も 岐阜・白川(毎日新聞)
検察、有罪立証の方針=布川事件の再審公判(時事通信)
足利事件再審 検察側が上訴権放棄(産経新聞)
電線撤去中に電柱倒れる=作業員の男性死亡-東京・青梅(時事通信)

敏いとう氏を参院選擁立=国民新(時事通信)

 国民新党の亀井静香代表は25日、夏の参院選の比例代表候補として、新人で作曲家の敏いとう(本名伊藤敏)氏(70)を擁立すると発表した。同氏は1971年に結成された歌謡グループ「敏いとうとハッピー&ブルー」のリーダーで、「星降る街角」「よせばいいのに」などのヒット曲で知られる。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

竹原市長の親族会社が落札=最低価格1円超で-鹿児島・阿久根(時事通信)
「批判した人切る、改革にならない」民主・生方氏(読売新聞)
<日本鋼管病院>診療報酬過大受給か 育休看護師ら「常勤」(毎日新聞)
河村市長「議員全員が辞職して信を問うべき」(読売新聞)
出会い系サイトで客募集、わいせつDVD販売 所持容疑で建設作業員を逮捕(産経新聞)

プロフ書き込みに因縁つけ暴行、中2の3人逮捕(読売新聞)

 携帯電話の自己紹介サイト「プロフ」の書き込みに因縁をつけて集団暴行したとして、神奈川県警が同県相模原市の市立中2年の少年3人(いずれも14歳)を傷害容疑で逮捕し、家裁送致していたことがわかった。

 県警は19日、このほかに市立中2年の少年6人(同)を同容疑で横浜地検相模原支部に書類送検し、別の市立中2年の少年(13)を傷害の非行事実で児童相談所に通告する。

 捜査関係者によると、10人は1月24日午後8時頃、同市内の神社で、同市に住む市立中学2年の男子生徒6人(いずれも14歳)の顔を殴るなどし、全員に約1週間のけがを負わせた疑い。

 集団暴行をしたとされる少年たちは、けがをした生徒の一人がプロフに「チャリンコ族をつくった」と書き込み、日の丸の前で座っている写真を掲載していたのを見つけ、「俺たちの方が強い」と因縁をつけて携帯電話で呼び出したという。プロフに書き込みをした生徒は遊びのつもりだったという。集団暴行したとされる10人は市立中4校の生徒で、互いの紹介で知り合った地元の遊び仲間だった。

「自殺手助け」「殺人請負」…サイト摘発に難しさ(読売新聞)
たまゆら火災 住民らも犠牲者を悼む 群馬で一周忌法要(毎日新聞)
裁判員裁判は“損”? 手続き多く勾留が長期化(産経新聞)
ダイヤ優先、規定違反6件…大阪の地下鉄事故(読売新聞)
美人過ぎる市議「私は発展途上」(スポーツ報知)

伊勢丹吉祥寺店 閉店…38年余の歴史に幕 東京(毎日新聞)

 全国的に百貨店の閉店が相次ぐ中、伊勢丹吉祥寺店(東京都武蔵野市)が14日、38年余の歴史に幕を閉じた。

 JR中央線吉祥寺駅周辺の商業地域の中核として、「都内で住んでみたい街」に常時ランキングされる「吉祥寺」のイメージアップに貢献してきたが、競合店との競争激化や長引く消費低迷で撤退に追い込まれた。

 この日は別れを惜しむ常連客などが殺到し、店内は満員電車並みに混雑した。営業終了の午後7時、「蛍の光」が流れるなか、吉田栄一店長はじめ店員やスタッフが深々と頭を下げて感謝を表し最後の客を見送った。

 跡地は複数の専門店が入る新たな複合商業施設として10月にオープンする予定。都内では伊勢丹吉祥寺店に続き、西武有楽町店(12月25日)の閉店が決まっている。

【関連ニュース】
松坂屋:名古屋駅店8月閉鎖発表 正社員は本店などに転属
百貨店が苦戦している/3 再編して生き残り?
松坂屋:名古屋駅店、8月めどに閉鎖へ
京都ロフト:京都市中心部に再び 大型店閉店相次ぐ中「ミーナ」に移転決定 /京都
中合:会津店が閉店 神明通りで46年間営業、最終日にぎわう--会津若松 /福島

サリドマイドの副作用解明=手足の成長たんぱくを妨げ-東工大など(時事通信)
<訃報>佐藤昭子さん死去 81歳 田中角栄元首相の秘書(毎日新聞)
業者が偽装、国産表示のタケノコに中国産…三越(読売新聞)
京都大「iPod」などに講義配信へ(読売新聞)
雑記帳 オリジナルTシャツで日本酒1杯無料 京都で(毎日新聞)

太さ日本一のカシワ、青森にあった(読売新聞)

 青森県五戸町倉石中市地区にある県天然記念物「上村のカシワの木」の幹回りが約5・4メートルで、日本一太いカシワであることが、巨木愛好者グループ「東北巨木調査研究会」の調べでわかった。

 同研究会によると、上村のカシワは推定樹齢750年、高さ約22メートル、幹回り4・5メートルとされてきた。だが、会員の1人が1月末、「全国巨樹・巨木林の会」などの測定基準に従い、地上1・3メートルでの幹回りを計測したところ、約90センチも太いことがわかった。同研究会は14日、現地で正確な幹回りを計測し、最終確認する。

 「全国巨樹・巨木林の会」のデータベースによると、これまで太さ日本一のカシワは北海道様似町にあり、幹回りが5・2メートルだった。同研究会の高渕英夫会長は、「14日の計測結果を五戸町に伝えるとともに、樹勢を見守るなど保全にも協力していきたい」と話している。

<みんなの党>参院選 比例代表の追加公認候補を発表(毎日新聞)
<NHK>福地会長、辞意を撤回(毎日新聞)
自民・石破氏「賛成も共感もしない」 鳩山邦夫氏の離党表明を酷評(産経新聞)
女子高生、自宅の敷地内で巡査部長に襲われる(読売新聞)
捕鯨船侵入の男、12日に逮捕=シー・シェパード活動家、乗せたまま入港-海保(時事通信)

「らき☆すた」住民票大量売れ残り、廃棄の危機(読売新聞)

 埼玉県鷲宮町が閉町記念に発売した、人気アニメ「らき☆すた」のキャラクター画入り特別住民票が約7500枚売れ残り、新「久喜市」移行を前に廃棄処分の危機にある。

 焦った町は、町最後の日となる22日、特別販売所の設置を計画、「少しでも多くの人に購入してほしい」と、神頼みの体だ。

 特別住民票は1枚300円。2008年4月に第1弾として1万枚発売し、約4か月かかって完売。第2弾は、3万枚を製作し、昨年の大みそかの夜から売り出した。正月三が日で約1万2000枚を売り上げたものの、鷲宮神社の参拝者が落ち着くと徐々に売り上げも下降線をたどり、最近は数枚しか売れない日もあるという。

 町は、合併まで3か月足らずの期間に3万枚も製作したことに見通しの甘さを認めつつも、「22日には、特別領収書に町の最後の日付が入る。ファンでなくても記念に喜んでもらえるのでは」と、多くの来客を期待している。

 特別販売所は、22日午前10時~午後2時、町コミュニティ広場で開かれるイベント「町卒業式」で開設する予定。19日までは、町役場や町中央公民館などで販売する。

首相動静(3月9日)(時事通信)
<別れさせ屋>交際女性殺害被告に懲役15年 東京地裁判決(毎日新聞)
ドラマ撮影現場でAKB48の小道具盗む 高校生ら3人逮捕(産経新聞)
高校無償化 法案可決 子ども手当法案も 衆院本会議(毎日新聞)
<性的暴行>英会話学校経営の米国人逮捕 女児数十人被害か(毎日新聞)

<訃報>吉田玉英さん59歳=文楽人形遣い(毎日新聞)

 吉田玉英さん59歳(よしだ・たまえ<本名・北原一久=きたはら・かずひさ>文楽人形遣い)8日、胆のうがんのため死去。葬儀は10日午後0時半、大阪市北区天神橋4の6の39の公益社天神橋会館。喪主は妻美保子(みほこ)さん。

 76年、吉田玉男に入門。09年12月、東京公演「近江源氏先陣館」の高綱の妻篝火(かがりび)が最後の舞台となった。

<交通事故>30日以内の死者 昨年は最少の5772人(毎日新聞)
第48期十段戦五番勝負 きょう第1局 (産経新聞)
路上に横たわりひかれる=男性死亡、トラック逃走-警視庁(時事通信)
エスカレーター歩くなキケン!! 全国の地下鉄、禁止呼びかけ 転倒事故相次ぐ(産経新聞)
北教組違法献金、教職員対象に服務規律調査へ(読売新聞)

地域包括ケアの推進へ介護保険担当課長会議(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は3月5日、都道府県の担当者らを対象にした全国介護保険・高齢者保健福祉担当課長会議を開催し、地域包括ケアの推進に向けた方策などを説明した。

【複数の図表・写真が入った記事】


 宮島俊彦老健局長はあいさつの中で、地域包括ケアシステムの概要を説明。地域の高齢者ケアでは介護を中心として、在宅医療や訪問看護を組み合わせる必要があるとしたほか、福祉分野が見守りや配食、緊急時通報など介護保険制度に収まり切らない分野をカバーすることや、高齢者の働く場や文化・教養などのアクティビティーの提供など、幅広いサービスが必要になるのではと述べた。また、高齢者の住宅を整備し、訪問看護や訪問介護などを外部から提供するといったことが、特に都市部で求められるとした。
 宮島局長は今後議論すべき論点として、▽地域の中での介護サービス提供(在宅支援の強化や施設の多機能化)▽在宅療養支援診療所や訪問看護などの医療提供体制の強化▽高齢者の住まいの確保▽介護職員の資質向上▽認知症者に対するサービス確保―を挙げた。

 介護保険計画課では、地域包括ケアを推進するに当たり、地域の課題や実情に応じて優先的に取り組むべき事項を市町村が選択し、2012年度からの第5期介護保険事業で位置付けるなどの方策も検討しているとした。
 厚労省では、第5期事業計画策定に向けた介護サービスの見込み量の算出に伴い、地域や高齢者の課題を把握する「日常生活圏域ニーズ把握手法」について検討しており、09年度から新潟県妙高市など3保険者で、ADL(日常生活動作)やIADL(手段的日常生活動作)のハイリスク要因などの生活実態調査を先行的に実施している。介護保険計画課では、10年度に調査対象を約50保険者に広げると説明した。

 振興課では来年度から「市町村地域包括ケア推進事業」を実施し、地域包括支援センターなどを活用しながら、地域におけるコーディネート機能を高める。このうち、「地域包括支援センター等機能強化事業」では、地域包括支援センターなどに「地域コーディネーター」(仮称)を配置する。コーディネーターについては、配食や見守り活動などのサービスや高齢者住宅などの情報を収集し、ケアマネジャーや住民に情報発信していくほか、専門職と連携しながら地域包括ケアに関する勉強会や講座を設けることなども想定しているという。
 また地域の実情に応じて、地域包括支援センターなどがNPOなどと連携しながら、家族介護者へのサポートや高齢者を対象としたサロンの設置・運営などを行う事業も予定している。
 このほか、集合住宅に住む要介護者などに24時間365日対応する窓口を設け、関係事業者が連携して緊急時対応や相談援助などのサービスを提供し、孤独死の防止や利用者の安心につなげるための事業も予定している。


【関連記事】
「全国地域包括ケア推進会議」が初会合-厚労省
地域包括ケアの論点整理で報告書-厚労省
地域での介護、「保険だけでは収まり切らない」―宮島老健局長
地域包括支援センターのネットワーク構築で中間報告―日本社会福祉士会
高齢者の住まいの在り方はどう変わるか―高齢者居住安定確保法改正

菅氏、政治資金説明責任で「小沢氏は不十分」(産経新聞)
日米で食い違うグアムの位置づけ 同盟どう深化させるかが課題(産経新聞)
外国人が住む町 歩み寄りなく遠い「共生」(産経新聞)
<足利事件>弁護団、菅家さん在廷の撮影許可求める(毎日新聞)
失意の人々和ませ14年、犬の「純平」天国へ(読売新聞)

ミニ模型、ストラップ…尼崎市バスのグッズが密かな流行(産経新聞)

 兵庫県尼崎市交通局は4日から、インターネットを利用した市営バスグッズの通信販売を始めた。市バスに親しんでもらい、利用者アップにつなげる取り組み。

 販売するのはバスのミニ模型や携帯ストラップ、ネクタイピン、マスコットキャラクター「あまっこ」のバッジなど全部で18種類。

 これまでイベント会場や市バスサービスセンターだけで販売していたが、遠隔地からの問い合わせや要望があり、通信販売に乗り出すことにした。

 グッズの価格は100~千円。平成9年から販売を始め、最近は年間約80万円の売り上げがあるという。通信販売の導入で、来年度は約20万円の増収を見込んでいる。

 購入希望者は市交通局のホームページを閲覧し、代金(定額小為替か現金書留)と希望商品名、住所、氏名などを書いて申し込む。問い合わせは同局((電)06・6429・5721)。

【関連記事】
「こども店長」、福袋で“買えます”
「深夜の密室」も安心 女性専用の高速夜行バスが好評
お寺に萌え看板 了法寺「若い男性参拝者増えた」
バス2200社、9月にフェスタ 新キャラ「セバスちゃん」も
多摩モノレールで空中散歩 まもなく10周年

民主、参院選候補者決定 小沢氏の「複数擁立」戦略に不安も…(産経新聞)
北教組事件 小林氏進退は道連に一任 小沢氏(毎日新聞)
いじめ苦に?中2女子が飛び降り自殺(読売新聞)
<北教組事件>小林氏進退は道連に一任 小沢氏(毎日新聞)
小林議員の証人喚問要求=共産・穀田氏(時事通信)

1843億、埋蔵金化 バブル期出資の「運用型」基金(産経新聞)

 ■低金利で非効率「見直し必要」

 国の出資金を原資とし、独立行政法人や公益法人が運営する基金のうち、バブル期に新設、または出資金の積み増しが行われた「果実運用型」が10基金あり、出資総額は1843億円にのぼることが6日、産経新聞の調べで分かった。運用型は出資金を取り崩さず、預金利息などの運用益だけで事業を行うため、巨額の元手が必要だ。低金利時代には極めて非効率とされ、専門家は「高金利に沸いたバブル期ならともかく、現状の運用益はわずか。出資金も塩漬けで埋蔵金化しており、運用型の在り方自体の見直しが必要だ」と指摘している。(調査報道班)

 産経新聞の調べによると、省庁が所管する独立行政法人や公益法人が持つ運用型基金のうち、全額国庫返納や廃止が決まっていないのは計21で、出資総額は2937億円。うち10基金がバブル期(昭和61年度~平成3年度)に新設、または積み増しが行われた。総額は10基金で2245億円、22年度の一部国庫返納予定分を除いても1843億円にのぼる。だが「低金利のため、昔ほどは運用益は出ていない」(吉野川水源地域対策基金などを所管する国土交通省水源地域対策課)という。

 文部科学省所管の独立行政法人「日本スポーツ振興センター」には、スポーツ振興基金として、2年度に国が250億円を出資。同基金はスポーツ団体の指導者育成事業などへの補助を目的としたもので、年間5億~6億円程度の運用益で活動を行っている。

 外務省所管の独立行政法人「国際交流基金」には昭和47年度、50億円が出資され、バブル期の積み増しを含め総額は942億円にのぼる。来年度に342億円が国庫返納される予定だが、まだ600億円が残る。

 運用型基金は非効率な上、特にバブル期に出資があった基金はバブル経済ありきで、過大な運用益を見込んだものともいわれる。問題の10基金は、まさにバブルの名残といえそうだ。

 出井信夫・東北公益文科大学教授(公共経営論)の話「運用型は出資金が長期間、塩漬けとなり、一種の埋蔵金と化す。バブル期にはそれなりの運用益が見込めたのだろうが、不況で低金利が続く中では非効率。ゼロ金利時代を生き残ったのは、チェックが働いていなかったということ。本当に存続させるべき基金かという点だけではなく、運用型という基金の在り方自体も見直す必要がある」

                   ◇

【用語解説】果実運用型基金

 原資には手を付けず、預金の利息のほか、国債や地方債の利子などの運用益「果実」を使って事業を行う基金。原資が減らない一方、一定の運用益を捻出(ねんしゅつ)するためには巨額の資金が必要だ。基金にはほかにも、原資を取り崩す「取り崩し型」、資金を貸し付け、回収して再び貸し付ける「回転型」、保有する基金を背景に債務保証などを行う「保有型」がある。バブル崩壊後の地方自治体では運用型を取り崩すなど柔軟に対応しているケースも多い。

チリ地震の津波、28日午後1時過ぎ日本へ(読売新聞)
NPOへ寄付、税額控除式に=首相が検討指示(時事通信)
<官房機密費>「使途解明は困難」答弁書を閣議決定(毎日新聞)
総本山善通寺で稲穂投げ 香川(産経新聞)
小中学校7割が実施へ=学力テスト、11県で全校参加-文科省(時事通信)

5歳餓死、虐待発覚恐れ祖父母に3年会わせず(読売新聞)

 奈良県桜井市で吉田智樹ちゃん(5)が餓死した事件で、保護責任者遺棄致死容疑で逮捕された母親のパート店員真朱(まみ)容疑者(26)が、約3年前から智樹ちゃんを同市内に住む祖父母に会わせないなど、ほとんど外出させていなかったことが、捜査関係者への取材でわかった。

 この頃に、夫の会社員博容疑者(35)の借金が発覚、夫婦仲が冷え込んで、智樹ちゃんの顔を殴ったり、つねったりするなどの暴力を振るい始めたという。

 県警は真朱容疑者が虐待の事実の発覚を恐れ、智樹ちゃんを自宅に閉じこめていたとみている。

 捜査関係者によると、真朱容疑者は、2006年12月に妹(3)が生まれるまでは、週1回程度、智樹ちゃんを連れて実家に遊びに行っていた。

 しかしその後は、智樹ちゃんを祖父母に会わせることはなく、「智樹は夫と仲がいい。夫と遊んでいる」などとごまかして、実家を訪れる際には妹だけを連れて行ったという。祖父母が自宅を訪れても部屋に入れず、智樹ちゃんと会わせないようにしていた。

 また、智樹ちゃんの姿を見ないことを心配した知り合いの主婦に対しては、「夫が家で仕事をしているので智樹の面倒をみてくれる」「智樹はおとなしく、みんなの輪に入りにくい」などと説明していたという。

 一方、真朱容疑者は、「約3年前に、親類の連帯保証人になっていた夫の借金が100万円ほどあることを知り、夫婦仲が冷めた」と供述していることがわかった。「智樹が夫に似ているために憎らしく、反抗的態度も取ることがあったため、不満のはけ口として虐待を始めた」などとも話している。県警は、夫婦の不仲など複数の要因が引き金になり、智樹ちゃんへの虐待がエスカレートしたとみている。

 県警は5日午前、真朱、博両容疑者を奈良地検に送致した。

<強盗傷害容疑>女性殴られ重傷 男、軽乗用車で逃走 愛知(毎日新聞)
子ども手当満額支給 首相「国債発行してまで…」(産経新聞)
<覚せい剤使用>光GENJI元メンバーに懲役2年求刑 (毎日新聞)
自民、離党届け出の松田氏を除名へ 大島氏「私利、私益」(産経新聞)
また虐待死…4歳次男に食事与えず放置 容疑の両親逮捕(産経新聞)

マダムシンコ会長宅に空き巣=貴金属など3億円被害-大阪(時事通信)

 人気洋菓子店「マダムシンコ」を経営するカウカウフードシステム(大阪府高槻市)の川村信子会長の大阪府茨木市にある自宅マンションに空き巣が入り、約3億円相当の貴金属などが盗まれたことが4日、大阪府警への取材で分かった。
 茨木署によると、2月14日午前1時ごろ、帰宅した川村さん夫妻が、窓ガラスが割られ室内が荒らされているのを発見した。指輪や腕時計、毛皮のコートなど約70点が盗まれたという。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕チョコレート・ガールズ
空き巣容疑でコロンビア人ら逮捕=130件、5000万相当か
空き巣容疑で中国人3人逮捕=「100件やった」
空き巣50件か、64歳男逮捕=「生活費に使う」
「堂島ロール」販売会社を提訴=商標権侵害と、神戸の大手製菓

ジャック・バルバロッサ・バンコラン
トムラウシ山遭難 山岳ガイド行動基準づくり提言 調査委(毎日新聞)
<埼玉県立大>男性講師を懲戒免職 リポート紛失や採点ミス(毎日新聞)
国民の「幸福度」を調査へ=新成長戦略の指標に-政府(時事通信)
「引っ越し」で国際貢献を=不用品を換金、途上国の子へ-東京のNPOが寄付募集(時事通信)

警察犬「ポール」病死=出動590回、表彰も-警視庁(時事通信)

 警視庁は1日、鑑識課所属の警察犬「ポール号」が先月25日に病気で死んだと発表した。ポールは殺人や窃盗などの事件現場に約590回出動。2003年には窃盗事件の捜査で成果を上げ、表彰されるなど活躍した。
 同課によると、ポールは1999年8月生まれのシェパード。警察犬として01年3月に同庁へ入り、同年7月に東京都八王子市で起きた殺人事件の捜査で初出動した。 

【関連ニュース】
「宙の会」結成1周年=時効撤廃訴え記念集会
公判中の男2人に逮捕状=神戸の貴金属強盗
強盗殺人事件で男に無罪判決=「自白調書の信用性に疑問」
「死刑反対」で裁判長から質問も=裁判員選任手続きで-2人死亡強盗殺人・鳥取地裁
新田義貞の銅像盗まれる=高さ80センチ、挙兵の神社から

<雑記帳>「餅上げ力奉納」で新記録 京都・醍醐寺(毎日新聞)
<宙の会>1周年集会開く 時効廃止に向け被害者遺族ら訴え(毎日新聞)
【集う】日本文化による国際貢献を考える研究会(産経新聞)
飲食店経営の女性、ひったくりで40万被害 千葉(産経新聞)
踏切内で運転手居眠り、貨物列車止まる(読売新聞)

QC

QCケベック州品質管理(Quality Control)ニューヨーク市立大学クイーンズ校NHK盛岡放送局(JOQC) 「http://ja.wikipedia.org/wiki/QC」より作成カテゴリ: 曖昧さ回避隠しカテゴリ: すべての曖昧さ回避 | すべての曖昧さ回避記事

「御影高杉」が初コラボ CD付き「うたチョコ」人気(産経新聞)
VISA、JCBでもネット献金=放送会社が新サービス(時事通信)
大阪府4保健所、結核検診4割誤判定の恐れ(読売新聞)
<辞職勧告決議案>石川議員起訴なら自民・公明提出へ(毎日新聞)
社民党 幹部ポスト3日空席、「党首の調整不足」の批判も(毎日新聞)
プロフィール

ミスターしょうごあめみや

Author:ミスターしょうごあめみや
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。